アイアンマン2 マーベルMCUの第3弾 そしてマイティ・ソーへ

2018年10月27日

アベンジャーズシリーズでも活躍するアイアンマン。

インクレディブルハルクに続くマーベル映画のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)第3弾。

進化を続けるアイアンマンスーツですが、毎回ワクワクさせてくれます。

それから、本作で「ブラック・ウィドウ」ことS.H.I.E.L.D.の「ナターシャ・ロマノフ」が登場。

今回はトニー・スタークことアイアンマンがどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

アイアンマン2 登場人物・キャスト・スタッフ

登場人物

トニー・スターク / アイアンマン

スターク・インダストリーズのCEO。

大富豪で天才発明家。

17歳でマサチューセッツ工科大学を首席で卒業し、21歳のときスターク・インダストリーズの社長に就任。

アイアンマン第一作目の終わりで、自分がアイアンマンだと公表する。

本作でアイアンマンマーク4~6を開発。

ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン

アメリカ空軍中佐。

スターク・インダストリーズとのパイプ役を担当。

マサチューセッツ工科大学博士号を取得し、空軍士官学校を卒業。

アイアンマン・マーク2やウォーマシンを装着することになる。

ナタリー・ラッシュマン / ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ

「ブラック・ウィドウ」のコードネームを持ったS.H.I.E.L.D.の凄腕エージェント。

フューリーの指示で「ナタリー・ラッシュマン」と名乗って、スターク社の法務部に社員として潜入する。

ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ

トニー・スタークの秘書だったが、本作でスターク・インダストリーズのCEOに抜擢される。

本作でイチゴアレルギーであることを明かす。

ジャスティン・ハマー

ハマー・インダストリーズCEO。

トニーをライバル視していて、トニー襲撃で収監されたイワン・ヴァンコを脱獄させてアーマー開発に協力させ、その暁にはペンタゴンとの25年契約を目論んでいる。

フィル・コールソン

戦略国土調停補強配備局(S.H.I.E.L.D.)のエージェント。

ハワード・スターク

スターク社の創始者であり、先代CEO。

トニーの実の父親であり、本作では既に亡くなっている。

S.H.I.E.L.D.の創設メンバーのひとり。

スターン

アメリカ上院議員。

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」にも出演している。

ハロルド・“ハッピー”・ホーガン

スターク社のCEO専属の運転手兼ボディガード。

アントン・ヴァンコ

ソ連の物理学者で、本作の冒頭で息を引き取る。

イワン・ヴァンコの実の父親。

ハワードと共にアーク・リアクターの研究開発に携わったが、スパイ容疑と見做され、ソ連へ強制送還される。

イワン・ヴァンコ / ウィップラッシュ

ロシアの物理学者。

アントン・ヴァンコの息子で、父親からは機械工学の全てを伝授される。ハワード・スタークに対する怨恨を聞いて育ち、父の死後、父の復讐のため6ヵ月かけて小型アーク・リアクターとウィップラッシュ マーク1を製作し、モナコのF1レースでトニーを襲撃する。

クリスティン・エヴァーハート

雑誌「ヴァニティ・フェア」の女性記者。

ブラウン大卒で、仕事に関しては優秀。

「アイアンマン1」でも登場。

ニック・フューリー

戦略国土調停補強配備局(S.H.I.E.L.D.)の長官。

黒い革のロングコートがトレードマーク。

キャスト

役名俳優
トニー・スターク / アイアンマンロバート・ダウニー・Jr
ジェームズ・“ローディ”・ローズテレンス・ハワード
イワン・ヴァンコ / ウィップラッシュミッキー・ローク
ペッパー・ポッツグウィネス・パルトロー
クリスティン・エヴァーハートレスリー・ビブ
ナタリー・ラッシュマン / ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウスカーレット・ヨハンソン
ジャスティン・ハマーサム・ロックウェル
フィル・コールソンクラーク・グレッグ
J.A.R.V.I.S.の声ポール・ベタニー
ハワード・スタークジョン・スラッテリー
ハロルド・“ハッピー”・ホーガンジョン・ファヴロー
スターン議員ギャリー・シャンドリング
ミード将軍エリック・L・ヘイニー
ニック・フューリーサミュエル・L・ジャクソン
ラリー・キングスタン・リー

スタッフ

監督ジョン・ファヴロー
脚本ジャスティン・セロウ
製作ケヴィン・ファイギ
製作総指揮デニス・L・スチュワート / ルイス・デスポジート / ジョン・ファヴロー / スーザン・ダウニー / アラン・ファイン / スタン・リー / デヴィッド・メイゼル

あらすじ

巨大軍需産業である「スターク・インダストリーズ」社長であるトニー・スターク。

自分がアイアンマンであると公表してから半年後、「アイアンマンマーク4」を駆使して、

世界各地で起こる紛争の鎮圧を図り、世界平和のために貢献しようとするトニー。

そんなトニーに、政府がアーマーが兵器だと見解を示し、アーマーの引き渡しを求めることに・・・。

そんな中、自分の使命を果たすため、スターク・インダストリーズ社長の座を秘書のペッパーに譲る。そして、後世に自身のテクノロジーを伝えるための博覧会「スターク・エキスポ」を盛大に開催。

そんな最中、かつてアメリカに亡命し、トニーの父親であるハワード・スタークの共同研究者を務めた事もあるロシアの元物理学者、アントン・ヴァンコが他界した。彼はハワードともにアーク・リアクターの研究に携わっていた優秀な化学者ではあったが、スパイ容疑で逮捕・強制送還された後シベリアに送られて貧しい生活を余儀なくされる。アントンの息子であるイワンは、その事でスターク一族を逆恨みしていて、父が残した設計図から自力で小型アーク・リアクターを製作。それを動力源として動く武器「エレクトリカル・デス・ウィップ」を開発した。そして、モナコにて開催されたF1レースに参加中のトニーを急襲したが、「マーク5」を装着したトニーによって返り討ちに・・・。

その後、イワンは収監されたものの、この事件によりアイアンマンと同等のテクノロジーが他に存在することが取り沙汰される。そんな中、スターク・インダストリーズのライバル会社であるハマー・インダストリーズの社長、ジャスティン・ハマーが裏で手を回し、自分の野望を実現させるため、イワンを脱獄させた。そして、最終的にイワンVSアイアンマンへと発展していくことになる・・・。

感想

この映画では「アイアンマンスーツ」がマーク4からマーク6まで登場するのですが、サーキット場でのマーク5の装着シーンは格好良かったです。

「ブラック・ウィドウ」ことS.H.I.E.L.D.の「ナターシャ・ロマノフ」が初登場するのですが、戦闘シーンは見ものです。

ミッキー・ロークは悪役っぷりを存分に発揮してくれます。

マーベルMCUは、この後「マイティ・ソー」への繋がるのですが、エンドクレジットをお見逃しなく。

映画

Posted by sunsunlife