【まとめ】法人税について知っておきたい豆知識

法人税について、今まで掲載した記事をまとめました。

考え方や根拠となる条文など、耳寄りの情報があるかもしれませんので、ぜひ参考にしてください。

法人税についてしっておきたい豆知識

1.賃貸不動産の床を畳からフローリングへリフォームした場合は修繕費?資本的支出?

マンションの部屋を畳からフローリングへリフォームした場合は修繕費?資本的支出? 

 

2.固定資産税が損金算入される時期

固定資産税が損金算入される時期

 

3.「中古資産の減価償却」で投資型節税

「中古資産の減価償却」で投資型節税

 

4.交通違反の罰金の税金計算上の取扱い

交通違反の罰金の税金計算上の取扱い

 

5.会社で購入する社長の社有車は4ドアにしましょう

会社で購入する社長の社有車は4ドアにしましょう

 

6.ダンプのエンジンの載せ替えは資本的支出?修繕費?

ダンプのエンジンの載せ替えは資本的支出?修繕費?

 

7.忘れていませんか?中小企業の節税の切札!中小企業投資促進税制

忘れていませんか?中小企業の節税の切札!中小企業投資促進税制

 

8.役員への定期同額給与の意味とその決定時期

役員への定期同額給与の意味とその決定時期

 

9.中古資産を活用した投資型節税

中古資産を活用した投資型節税

 

10.お金が出ていかない王道的節税「旅費規程を作って税金のかからない経費を作る」

お金が出ていかない王道的節税「旅費規程を作って税金のかからない経費を作る」

 

11.役員社宅を利用した節税方法 家賃が実際の半分以下になる!

役員社宅を利用した節税方法 家賃が実際の半分以下になる!

 

12.別会社を設立することで節税になる?消費税免税や接待交際費の損金算入枠拡大

別会社を設立することで節税になる?消費税免税や接待交際費の損金算入枠拡大

 

13.取締役は出来るだけ使用人兼務役員にして経費化を促進しよう

取締役は出来るだけ使用人兼務役員にして経費化を促進しよう

 

14.分掌変更により役員に退職金を支給して節税する

分掌変更により役員に退職金を支給して節税する

 

15.社内飲食費は接待交際費から除外できる一人当たり5,000円以下の考え方は使えない

社内飲食費は接待交際費から除外できる一人当たり5,000円以下の考え方は使えない

 

16.個人から法人成りした場合の試算をしてみました。800~3,000万円の事業所得の場合

個人から法人成りした場合の試算をしてみました。800~3,000万円の事業所得の場合

 

17.法人成りのデメリットは可処分所得減 その他のメリットを考慮しよう

法人成りのデメリットは可処分所得減 その他のメリットを考慮しよう

 

18.中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)を利用した節税と貸倒れ保証の確保

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)を利用した節税と貸倒れ保証の確保

 

19.自賠責保険は長期前払費用ではなく、即時の損金算入が可能

自賠責保険は長期前払費用ではなく、即時の損金算入が可能 

 

20.再リースは原則として賃貸借処理する

再リースは原則、賃貸借処理

 

21.生命保険を利用した節税対策は意味がある?単なる課税の繰り延べ?保険で節税のウソ

生命保険を利用した節税対策は意味がある?単なる課税の繰り延べ?保険で節税のウソ

 

22.法人成りのデメリット1 社会保険の強制加入による費用負担

法人成りのデメリット1 社会保険の強制加入による費用負担

 

23.顧客紹介の謝礼を接待交際費でなく支払手数料にする

顧客紹介の謝礼を接待交際費でなく支払手数料にする

 

24.固定資産税が損金として算入される時期は? 基本は賦課決定のあった日

固定資産税が損金算入される日は?

 

25.アーケードの負担金は繰延資産 分割払いの場合は支払期間で償却額が変わります

アーケードの負担金は繰延資産 分割払いの場合は支払期間で償却額が変わります

 

26.青空駐車場に関連する設備の償却年数(耐用年数)

青空駐車場に関連する設備の償却年数(耐用年数)

 

27.税金を延滞した時の督促手数料は損金算入?損金不算入?

税金を延滞した時の督促手数料は損金算入?損金不算入?

 

28.一括償却資産と少額減価償却資産の特例の違い

一括償却資産や少額減価償却資産などの違いを理解しよう

 

29.カーナビの償却年数は?修繕費それとも資本的支出?

カーナビの償却年数は?修繕費それとも資本的支出?

 

30.温泉利用権の耐用年数は?無形固定資産の水利権に該当

温泉利用権の耐用年数は?無形固定資産の水利権に該当

 

31.法人税における「おおむね」の許容される範囲

法人税における「おおむね」の許容される範囲

 

32.代表者を退任したことになっているオーナーの退職金

代表者を退任したことになっているオーナーの退職金

 

33.防災設備の耐用年数 消火器は?スプリンクラーは?

防災設備の耐用年数 消火器は?スプリンクラーは?

 

34.取引相場のない株式評価での従業員数の判定

取引相場のない株式評価での従業員数の判定

 

35.オフィスで見かける簡易間仕切りの償却年数

オフィスで見かける簡易間仕切りの償却年数

 

36.貨車を店舗にした場合の法定耐用年数

貨車を店舗にした場合の法定耐用年数

 

37.機械や備品の移設費用は資本的支出(資産計上)それとも修繕費?

機械や備品の移設費用は資本的支出(資産計上)それとも修繕費?

 

38.交通違反の反則金を会社で負担した場合の課税関係

交通違反の反則金を会社で負担した場合の課税関係

 

39.災害が発生したときの見舞金の税務上の取扱い

災害が発生したときの見舞金の税務上の取扱い

 

40.会社における同じ役員でも執行役員と執行役の法人税法の取扱い

会社における同じ役員でも執行役員と執行役の法人税法の取扱い

 

41.店舗内装(室内造作費)の耐用年数

店舗内装(室内造作費)の耐用年数

 

42.自動ドアの耐用年数

セキュリティ強化のための自動ドアの耐用年数

 

43.社歌の製作費は資産計上それとも費用処理?

社歌の製作費は資産計上それとも費用処理?

 

44.ドローンの購入費用は何年で償却できる?

ドローンの購入費用は何年で償却できる?

 

45.夏祭りや花火大会などの協賛金は寄付?それとも企業広告?

夏祭りや花火大会などの協賛金は寄付?それとも企業広告?

 

46.経費立替時の全日空やANAなどのマイルやポイントは会社のもの?個人のもの?

経費立替時の全日空やANAなどのマイルやポイントは会社のもの?個人のもの?

 

47.動画の制作費用は広告宣伝費として取り扱える?

動画の制作費用は広告宣伝費として取り扱える?

 

48.所得拡大促進税制では使用人兼務役員の給与は計算から除外

所得拡大促進税制では使用人兼務役員の給与は計算から除外

 

49.ソフトウェアライセンスの使用台数の計算

ソフトウェアライセンスの使用台数の計算

 

50.使用人が役員に昇格した場合の退職金の取扱い

使用人が役員に昇格した場合の退職金の取扱い

 

51.リース契約の割賦手数料は取得価額に含める?

リース契約の割賦手数料は取得価額に含める?

 

52.法人税法における使用人の範囲

法人税法における使用人の範囲

 

53.マラソンなどのイベント参加費は会社の経費にできる?

マラソンなどのイベント参加費は会社の経費にできる?

 

54.損害賠償金を内払した場合の取扱い

損害賠償金を内払した場合の取扱い

 

55.補助金に税金は課税されるのでしょうか?

補助金に税金は課税されるのでしょうか?

 

56.建物の解体費用の取扱い

建物の解体費用の取扱い

 

57.役員への退職金を手形で支払った場合の取り扱い

役員への退職金を手形で支払った場合の取り扱い

 

58.テニスコートの法定耐用年数

テニスコートの法定耐用年数

 

59.電気設備の法定耐用年数

電気設備の法定耐用年数

 

60.道路用地の償却年数

道路用地の償却年数

 

61.特殊な関係にある使用人の範囲

特殊な関係にある使用人の範囲

 

62.知的財産権の法定耐用年数

特許権や商標権などの知的財産権の法定耐用年数は?

 

63.発送機器の法定耐用年数

発送機器の法定耐用年数

 

64.プリンターの法定耐用年数

プリンターの法定耐用年数

 

65.プレハブ住宅の法定耐用年数

プレハブ住宅の法定耐用年数