1円玉は何枚まで支払いに使えるか知ってますか?

大きな瓶に小銭を貯め込んで、いっぱいになったら銀行に貯金、なんてことをやっている人も少なくないでしょう。

ところで、この大きな瓶を持って買い物に行った場合はどうなるのでしょうか?

実は、一度に使える硬貨の枚数は規制されている

実は、一円玉で何十枚、何百枚で買い物することはできません。

お店のご厚意で、100枚ぐらいまでは何とかなるかもしれません。

というのは、「通貨の単位及び硬貨の発行等に関する法律施行令」という法律があり、一度に使える硬貨の枚数について規制がかかっています。

その法律には、「貨幣は、額面価格の20倍までを限り、法貨として通用する」という条文があります。

つまり、同じ額面の硬貨については20倍まで一度に使えるということです。それ以上の硬貨については受け取りを拒否できるわけです。

現在、日本で発行されている硬貨は500円、100円、50円、10円、5円、1円の6種類ですが、いずれの硬貨も20枚を超える同じ硬貨は、受け取り拒否されても文句は言えません。

500円×20枚=10,000円

100円×20枚=2,000円

50円×20枚=1,000円

10円×20枚=200円

5円×20枚=100円

1円×20枚=20円

合計13,320円

硬貨だけで買い物できる上限は13,320円ということになります。

「硬貨がいっぱい貯まったから買い物行こう!」と言ってそのまま出かけずに、一度、銀行に預けて両替してから買い物に行くようにしましょうね。

雑学

Posted by sunsunlife