法人税法

備品などを購入したときに、品目ごとにひとつの資産としてみるか、それとも全体を一体としてみるかで取得価額が変わってきます。

金額が10万円未満であれば消耗品などで経費として一時に処理できますし、10万円以上20万円未満であれ ...