消費税法

2019年10月1日から軽減税率対象の取引を除いて消費税が10%となります。

法人税法においては短期前払費用として1年以内の費用を前払いした場合には損金算入して構わないことになっています。

法人税法基本通達2- ...

消費税法

消費税の経理については税込経理と税抜経理があります。

決算書上の金額を消費税込の金額で処理するのが税込経理です。

税込経理に対して税抜経理というのは、決算書上の金額は消費税抜の金額で表示します。

経 ...

法人税法

相続税法上、取引相場のない株式を「純資産価額方式」で評価した際に生じる含み益に対する法人税等相当額37%を控除して評価することができます。

財産基本通達186-2

(評価差額に対する法人税額等に相当する金額)

法人税法

2019年10月には消費税率が8%から10%になり、それに合わせて食料品などに対する消費税軽減税率が導入されます。

消費税軽減税率に対応するため、企業はシステム改修が必要になるわけですが、この費用は修繕費と資本的支出のどち ...