アンデスメロンの名前の由来

雑学

アンデスメロンと聞くと原産地がアンデス地方なのかな?と考える人も多いでしょう。

実際はアンデスメロンが誕生したのは日本の研究所です。

今回はアンデスメロンの誕生についてのお話です。

㈱サカタのタネがアンデスメロンを生み出した

メロンは高級果物のひとつで、虫がつきやすく、実がついても大きくなるものは数が限られてしまい、どうしても高額になってしまう果物でした。

収穫量が増やせれば収益が増やせると考え、丈夫な品種を開発するというのが種苗メーカーの長年の悲願でした。

そして、日本の種子メーカーである㈱サカタのタネが、長年の夢であった丈夫なメロンを開発したのです。

その丈夫なメロンの名前を決める時に、害虫に悩まされることもなく安心して栽培できるということで「アンシンデスメロン」という名前を付けようと考えました。

しかし、それでは夢がなさすぎるということで「アンデスメロン」という名前に決めたのでした。

もう一つの日本で代表的なメロンは夕張メロン

日本で代表的なメロンにはもうひとつ、夕張メロンがあります。

正式な名前は「夕張キングメロン」で「夕張メロン」は商標名です。

赤っぽい果肉が特徴で、果肉にはカロチンが含まれているので栄養効果が高まった上、カボチャのような甘い甘みがあります。

お見舞いの品として定番の高級果物の象徴だったメロンは、努力の結晶といえるもので、開発だけでなく、流通に関する努力などによって、今ではおなじみの果物となっています。

雑学
スポンサーリンク
sunsunlifeをフォローする
税務会計のミチシルベ

コメント