現金の範囲 財務会計論1

財務会計論(必須科目)

×7年4月1日~×8年3月31日における次のデータに基づき、現金過不足を雑益または雑損として処理してみます。

 

1.現金の決算整理前の帳簿残高は250,000千円

2.決算に当たり現金の実際有高を調べたところ、以下のものが保管

①紙幣・硬貨   210,350千円

②郵便切手・葉書  1,150千円

③収入印紙     1,000千円

④他人振出小切手  30,000千円

⑤自己振出小切手  20,000千円

⑥先日付小切手   70,000千円

⑦未渡小切手    50,000千円(対営業先)

40,000千円(営業費支払先)

⑧株式配当金領収書 11,000千円

⑨社債利札     2,000千円(期限到来済)

1,000千円(期限未到来)

⑩振替貯金払出証書 6,000千円

〔現金の範囲〕

通貨紙幣及び硬貨(外国通貨を含む)

1.他社振出の当座小切手他社が振り出した当座小切手
2.送金小切手銀行経由の送金手段として銀行が振込に対し交付する為替手形
3.送金為替手形銀行経由の送金手段として銀行が振込に対し交付する為替手形
4.預金手形銀行が預金者のサービスとして現金の代用として交付する証券
5.郵便為替証書郵便局が送金者の依頼に基づいて交付する証券
6.振替貯金払出証書振替貯金に基づいて郵便局が交付する払出証書
7.期限到来後公社債利札公債や社債の証券にあらかじめ印刷されている利息の受領証
8.株主配当金領収書保有株式に交付された配当金の受領証
9.一覧払手形受取人が支払人に呈示した日が満期とされる手形

 

現金となるのは下記の通り。

①紙幣・硬貨   210,350千円

④他人振出小切手  30,000千円

⑧株式配当金領収書 11,000千円

⑨社債利札     2,000千円(期限到来済)

⑩振替貯金払出証書 6,000千円

実際有高合計   259,350千円

実際有高259,350千円-帳簿残高250,000千円=雑益9,350千円

〔決算修正仕訳〕

(借方)現金 9,350 (貸方)雑益 9,350

コメント