所得税法,相続税法

Thumbnail of post image 002

交通事故で運悪く死亡した場合には、自賠責や任意保険から支払われる保険金や加害者から支払われる賠償金が支払われます。

この賠償金は税務上では非課税とされています。ただ、死亡に起因して受け取る倍所金であるので、相続税法の非課税 ...

法人税法

Thumbnail of post image 152

梅雨時期になると大雨で災害が発生したりして、企業では被害を受けた取引先や得意先に対して援助を行うこともあります。

見舞金や修復費用、援助物資などを送ったりしますが、こういう支出については税務上でどういった取扱いがなされるの ...

所得税法

Thumbnail of post image 094

よく、企業はヒト・モノ・カネで成り立っていると言われます。

ヒトである従業員は企業の財産として重要なポジションにあるわけで、従業員の頑張りが企業の業績に影響するわけです。

そこで、企業はあらゆる手を使っ ...

所得税法

Thumbnail of post image 130

交通事故による死亡者の遺族には損害賠償金が支払われますが、損害賠償金は遺族にとってその後の生活の支えとなるものであるので、所得税法では損害賠償金の非課税規定が設けられています。

(非課税所得)
第九条 次に掲げる所 ...

法人税法

Thumbnail of post image 189

道路交通法の改正により、酒酔い運転など悪質・危険な運転をした場合の罰則が強化されています。以前は酒気帯び運転の罰則が3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金だったものが3年以下の懲役又は50万円以下の罰金になっており、かなりの厳罰化が実施 ...