所得税法,法人税法,相続税法

Thumbnail of post image 166

株式譲渡や相続などで取引相場のない株式を評価する場合、会社規模の判定によって評価の方法が変わります。会社規模の判定基準は、簿価による純資産価額、直前期末以前1年間の取引金額のほかに直前期末以前1年間の従業員数の判定が必要になります。

相続税法

Thumbnail of post image 127

資産運用のひとつとしてアパート経営がよく取り上げられますが、税制面でも多くの特典があります。アパートの敷地については相続税の評価では、下記のふたつの評価減があります。

①貸家建付地の評価減(財産評価基本通達26)

所得税法,法人税法

Thumbnail of post image 189

防災設備と言えば、一般的に消火器、避難装置などの設備が思い浮かぶのではないでしょうか?

その種類は様々で、消化器、折り畳み式縄ハシゴ、救助袋、災害報知器、警報機、スプリンクラーなどが代表的なものです。

これらの ...

法人税法

Thumbnail of post image 110

役員に対して支給される退職金の損金算入が認められるには、支給された額が適正であることはもちろんですが、その役員が完全に退職するか実質的に一線を退いていることが前提になります。

法人税基本通達において、役員の分掌変更などによ ...

法人税法

Thumbnail of post image 146

世の中で、すべて決められた条件のもとで推し進めようとすると、どうしても無理が生じます。

ある程度の許容範囲がなければ、スムーズに物事が進みません。

税法の基本通達では、「おおむね〇%」や「おおむね×円」という取 ...