お役立ち!エクセルショートカット~「書式設定」ダイアログボックスの呼び出し~

Excel(エクセル)

 

エクセルを操作する上で欠かせない「書式設定」。

フォントの微調整をしたり、罫線を調整したりと、この機能を知らないと書類が完成したいと言っても過言ではありあません。

その「書式設定」を右クリックで開いている方は、時短になりますので、ぜひ、ここで紹介するショートカットを覚えてみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介するショートカットキー

Ctrl + 1(!)& Ctrl + Shift + P

機能:「セルの書式設定」のダイアログボックスを開く

「書式設定」のメニューを一発で開きたいときに使えるショートカットです。

注意点としては、「1」はテンキーではなく、「!」のついてるキーでないとショートカットが機能しないことです。

それから、「Ctrl+Shift+P」はセルの書式設定ダイアログボックスの中にある「フォント」タブを表示させるショートカットです。

私自身は「表示形式」や「罫線」の使用頻度が高く、「フォント」はあまり使用頻度は高くないのですが、「フォント」タブを頻繁に使用する人にご紹介です。

「書式設定」のダイアログボックスのタブ切替のショートカット

Ctrl + (Shift +)Tab

機能:「書式設定」のダイアログボックスのタブを右側(左側)へ切替

マウスをクリックしてタブを切り替えるのもいいですが、「Ctrl+Tab」で右へ、「Ctrl+Shift+Tab」で左側へ移動します。

 

さて、今回は「書式設定」のダイアログボックスを表示させるショートカットを紹介しました。

「書式設定」はエクセル操作では欠かせない操作なので、ショートカットを使って効率よく作業できたらいいですね。

 

押さえておきたいショートカットを一覧でまとめていますので、ぜひご覧ください。

【仕事効率化】エクセルのショートカット一覧
エクセルを操作する上で、これだけは押さえておきたい!というショートカットをご紹介します。ショートカットを押さえておくと、業務の効率化を図ることができます。業務を効率化することで、スムーズに仕事を進めることができ、ストレスも削減できるでしょう

コメント