インクレディブルハルク マーベルMCUの第二段

映画

マーベル映画のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)構想下での第二弾の映画が「インクレディブル・ハルク」。

「インクレディブル・ハルク」は、今のところ続編は発表されていません。

「アベンジャーズ」シリーズでは、露出は少ないですが、その怪力はチーム随一です。

豪快な破壊シーンは見ものです。

インクレディブル・ハルク 登場人物・キャスト・スタッフ

登場人物

ブルース・バナー / ハルク

天才生物物理学者。

自らの肉体への兵士強化実験の失敗で、心拍数が200を超えると緑色の巨人「ハルク」に変身する体質となる。

追われる身となったブルースは、治療法を探しながら、心拍数を押さえる呼吸法など、ハルクへの変身を制御できないか模索する。

エリザベス・“ベティ”・ロス

遺伝細胞学が専門の細胞生物学者。

ブルースの恋人で、ブルースの治療を支える。

エミル・ブロンスキー / アボミネーション

海兵隊において数々の戦績を残している兵士。

ロスの勧めで超人血清を投与され超人兵士となる。

さらに、ブルースの血液サンプルを投与し、「アボミネーション」へと変貌する。

サディアス・“サンダーボルト”・ロス将軍

アメリカ陸軍将軍で、スーパーソルジャー計画を再開させた責任者。

実験失敗で誕生した「ハルク」ことブルースの行方を執拗に追い続ける。

サミュエル・スターンズ

クレイバーン大学の教授。

ブルースの治療の協力者であったが、治療の過程でブルースの血液を密かに培養し、勝手にマウスや人体で実験するなど、マッドサイエンティストでもある。

レナード・サムソン

心理学者で、ブルースが失踪した後にベティが交際し始めた新しい恋人。

キャスリーン・スパー

アメリカ陸軍少佐。

ロスを補佐する。

ジョー・グレラー

アメリカ軍将軍。

ロスの同僚で、ブルースの潜伏先のリオデジャネイロで、ブロンスキーら精鋭たちを召喚、特殊部隊を編成する。

スタンリー

ピザ屋兼ダイナーの店主。

ブルースとベティの良き理解者であり、ブルースと再開時に彼のサポート役となる。

マルティナ

ポルト・ヴェルデで働いている若い女性従業員。

合気道インストラクター

リオデジャネイロの道場で、ブルースに合気道とヨガを伝授する。

ミルウォーキーの男

ミルウォーキーに住む老人。

リオデジャネイロから出荷されたブルースの血液が混入してしまったガラナ・ソーダを飲んで体に異変が起こり、それが発端でブルースの潜伏先が判明する。

パーティーの男

消防士家族基金の慈善イベント会場の入り口前にいた老人。

トニー・スターク

エンドクレジットで登場する「アイアンマン」こと天才発明家でスターク・インダストリーズCEO。

キャスト

役名俳優
ブルース・バナー / ハルクエドワード・ノートン
エリザベス・“ベティ”・ロスリヴ・タイラー
エミル・ブロンスキー / アボミネーションティム・ロス
サディアス・“サンダーボルト”・ロス将軍ウィリアム・ハート
サミュエル・スターンズティム・ブレイク・ネルソン
レナード・サムソンタイ・バーレル
キャスリーン・スパークリスティナ・カボット
ジョー・グレラーピーター・メンサー
スタンリーポール・ソールズ
マルティナデボラ・ナシメント
合気道インストラクターヒクソン・グレイシー
ミルウォーキーの男スタン・リー
トニー・スタークロバート・ダウニー・Jr

スタッフ

監督ルイ・レテリエ
脚本ザック・ペン
製作アヴィ・アラッド / ゲイル・アン・ハード/ケヴィン・ファイギ
製作総指揮スタン・リー /デヴィッド・メイゼル/ジム・ヴァン・ウィック

あらすじ

スーパーソルジャー計画が再開し、その研究を行っていたのが本作の主人公である「ブルース・バナー」。

実験の成功を目指し、自らの肉体で実験したものの失敗し、ブルースは怒りで緑色の巨人「ハルク」に変身してしまう。

ブルースは心拍数が200を超えるとハルクに変身し、理性を失って暴れまわる。

元の体に戻るためブルースは治療を探し、ハルクに変身しないための呼吸法を習得する。

計画の中止を阻止するため、執拗にブルースの行方を突き止めようとするロス将軍。

ついにブルースは追い詰められ、再びハルクに変身して対抗することになる・・・。

感想

ハルクの戦闘シーンでは、何もかも破壊されてしまうのは圧巻です。

CGとは思えないリアルな描写で、CG感を感じさせません。

後の「アベンジャーズ」シリーズでは、最強のヒーローではないかと感じてしまうほどです。


映画
スポンサーリンク
sunsunlifeをフォローする
税務会計のミチシルベ

コメント