お役立ち!エクセルショートカット~素早く移動&範囲選択~

Excel(エクセル)

エクセルを使る上でセルを移動したり、範囲を選択することは欠かせない作業です。

そこで、今回は地味ですがセルの移動や範囲選択するときに役立つショートカットキーを紹介します。

業務効率アップは間違いありませんので、ぜひ覚えてみたらいかがでしょうか。

今回ご紹介するショートカットキー

Shift + 矢印キー & Ctrl + 矢印キー

機能

Shift + 矢印キー

Ctrl  + 矢印キー

選択範囲を操作

データの端まで移動

範囲選択のショートカットキー使い方

Shiftを押しながら矢印キーを押すと、選択範囲を広げることが可能です。

下に広げたいときは「Shift+↓」、右に広げたいときは「Shift+→」という風に操作します。広げた範囲をせばめたいときは、せばめたい方の矢印を押せばよいです。

セルを一気に移動したいときのショートカットの操作方法

データ量が多く、セルを移動しするときに右側にある「水平スクロールバー」をマウスで操作して移動する人も多いと思いますが、データ全体を選択する必要があるときは、移動が大変ですよね?

そんなときは、「Ctrl+矢印キー」を使うとデータが入力されている範囲の端まで移動が可能です。

注意点としては、データが途切れていると途切れた部分に移動するので、さらにその先に移動したいときは、さらに矢印キーを押す必要があります。

「Shift+矢印キー」と「Ctrl +矢印キー」を組み合わせた使い方

「Shift+矢印キー」と「Ctrl +矢印キー」を組み合わせた使い方も可能です。つまり、

「Shift+Ctrl +矢印キー」とするわけです。

データの端まで飛んで、かつ、選択も行うわけです。

「Shift+Ctrl +矢印キー」のショートカットキーの使い方

使い方としては、データの起点のセルでShiftとCtrlを押しながら↓を押してデータの一番下まで移動しながら選択。続いて、ShiftとCtrlを押しながら→を押してデータの右端まで移動しながら選択。

 

ホントに地味な操作ですが、知っているのと知らないのではかなりの時間差が生まれますので、ぜひ覚えて頂けたらと思います。

 

押さえておきたいショートカットを一覧でまとめていますので、ぜひご覧ください。

【仕事効率化】エクセルのショートカット一覧
エクセルを操作する上で、これだけは押さえておきたい!というショートカットをご紹介します。ショートカットを押さえておくと、業務の効率化を図ることができます。業務を効率化することで、スムーズに仕事を進めることができ、ストレスも削減できるでしょう

コメント