お役立ち!エクセルショートカット~行の選択&列の選択~

Excel(エクセル)

エクセルを使るうときに行や列を選択する必要がある時、マウスで選択するのが面倒くさいと思っていませんか?

今回は、そういう人にとってはうってつけのショートカットを紹介します。

時短になるのは間違いありませんので、ぜひ覚えてみたらいかがでしょうか。

今回ご紹介するショートカットキー

Shift + Space & Ctrl + Space

機能

Shift + Space行を選択する
Ctrl  + Space列を選択する

行と列を選択のショートカットキー使い方

使い方は簡単で、行を選択したいときは「Shift+Space」、列を選択したいときは「Ctrl +Space」を押すだけです。

特に問題なく操作できるのですが、設定が必要です。

日本語入力の初期設定を変更する

日本語入力がONになっていると「Shift+Space」を押したら半角スペースが入力されてしまうことがあります。日本語入力がONになっていると、日本語入力の操作が優先されてしまうことが原因です。

そこで、設定変更が必要です。IMEの設定で説明します。

1.言語バーの設定を開きます。

2.Microsoft IMEを選択します。

3.「全般」タブの「キー設定」で「変更」をクリックします。

4.Shift+Spaceの「別幅空白」を「-」に変更しす。

 

以上で、設定は終了ですが、IMEのバージョンによって若干入口が違うかもしれません。他の入力ソフトを使っている方は、申し訳ありませんが変更方法をググって頂けますか?

「Shift+Space」と「Ctrl +Space」の応用的な使い方

1行だけ、1列だけという場合以外に複数列、複数行を選択したいときもあるでしょう。

そういう時は、「Shift+Space」と「Ctrl +Space」で行あるいは列を選択した後に、「Shift+矢印」でとなりの列や行に範囲を広げます。

 

使う頻度が多い操作なので、指が自然と動くようになるまで意識してつかってみましょう。

 

押さえておきたいショートカットを一覧でまとめていますので、ぜひご覧ください。

【仕事効率化】エクセルのショートカット一覧
エクセルを操作する上で、これだけは押さえておきたい!というショートカットをご紹介します。ショートカットを押さえておくと、業務の効率化を図ることができます。業務を効率化することで、スムーズに仕事を進めることができ、ストレスも削減できるでしょう

コメント