お役立ち!エクセルショートカット~置換~

Excel(エクセル)

エクセルに限らずワードでも使えるのですが、「置換」という操作をご存知ですか?

置き換えるということですから、元の状態を別の状態に置き換えることです。

例えば、「みかん」と「りんご」が入力されているセルがあったとしたら、「りんご」と入力されたセルを「みかん」に置き換えたりする作業のことです。

覚えておいたら便利な操作ですし、ショートカットも合わせて覚えてみましょう。

今回ご紹介するショートカットキー

Ctrl + H

機能

Ctrl + H「検索と置換」ダイアログボックスの呼び出し

置換のショートカットの使い方

置換の使い方は3段階に分かれています。

1.「検索と置換」ダイアログボックスの呼び出し

「Ctrl + H」を押すと「検索と置換」ダイアログボックスが呼び出されます。

2.置き換えたい文字を入力

続いて、「検索する文字列」のところに置き換えたい文字を入力します。

3.「置換後の文字列」置き換えた後の文字を入力し、「すべて置換」ボタンを押す

最後に、「置換後の文字列」置き換えた後の文字を入力し、「すべて置換」ボタンを押します。

上記の三つの手順で「りんご」が「みかん」に置換されるわけです。

ひとつのセルでは意味がありませんが、漢字でかかれていたものをひらがなに、あるいはカタカナになんていう場合に、同じ言葉がたくさん使われているときに使うと便利です。

応用編

内容を置換する方法を説明しましたが、「置換後の文字列」を空白にしたら、「検索する文字列」で入力しておいた文字を削除することが可能です。

また、「検索する文字列」を空白にして、「置換後の文字列」に入力したい文字を入れておくと、空白のセルに一括で入力が可能になります。

これまで、コピー&ペーストを繰り返していた人は、ぜひ[置換」の操作を使ってみてください。

まとめ

今回は「置換」という便利な操作について説明しました。

実をいうと、エクセルだけに限らずWordやテキストエディタなどでも使える、Windows共通の機能なので、ぜひ使いこなせるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

押さえておきたいショートカットを一覧でまとめていますので、ぜひご覧ください。

【仕事効率化】エクセルのショートカット一覧
エクセルを操作する上で、これだけは押さえておきたい!というショートカットをご紹介します。ショートカットを押さえておくと、業務の効率化を図ることができます。業務を効率化することで、スムーズに仕事を進めることができ、ストレスも削減できるでしょう

コメント