ちょっと気になる新車の原価

ビジネス

自動車ディーラーから新車を購入するのはちょっとしたステータスです。

そこで気になるのが新車の原価です。

ディーラーの仕入、メーカーの製造原価はどれくらいなのでしょうか?

自動車の原価は約5割

自動車ディーラーでの店頭価格が200万円の新車は、メーカーから約7割、つまり140万円程度で仕入れられます。

140万円に対する原価は約7割、つまり98万円が新車の原価となります。

200万円の新車の原価は98万円と約5割程度が原価となるわけです。

200万円の新車をディーラーが販売した場合に60万円が利益?と考えがちですが、たいてい値引販売されますので、30万円程度の利益に落ち着くようです。

ただし、ディーラーには販売奨励金というものがあり、一定数の販売台数に対しマージンが支払われるので、利益が上乗せされる仕組みになっています。

自動車は販売した時だけの儲けだけでなく、車検や整備、修理といった場面での儲けもあります。

リピーターをがっちり抑えることで儲けを拡大させていくわけですね。

ビジネス
スポンサーリンク
sunsunlifeをフォローする
税務会計のミチシルベ

コメント