所得税法

Thumbnail of post image 054

サラリーマンは病気やケガで仕事ができない場合、有給休暇を使って療養したり、療養が長引く場合は社会保険で傷病手当金として補償されるケースもあります。

対して、個人事業主には有給休暇もありませんし、傷病手当金ありません。

所得税法

Thumbnail of post image 079

 

最近ではセクハラに加えて、パワハラや過重労働による自殺が労災認定されるなど、労働者に対する扱いが大分変ってきました。

労働紛争に対する訴訟に対して、会社や国が敗訴した場合に損害賠償金が支払われることがありま ...

所得税法

Thumbnail of post image 084

最近の企業では、学生に職業体験(インターンシップ)に参加してもらい、入社してからの認識の違いを少なくして定着率を高めようとしています。

実際、就職してから3年経過したときの離職率は3割を超えていると言われており、人材不足の ...

所得税法

Thumbnail of post image 008

65歳になるまでは介護保険料は給料から天引きされますが、65歳以上になると本人が直接納付するか、年金から控除されることになります。

この介護保険料は、年末調整の対象となるのでしょうか?

それとも、確定申告を行わ ...

所得税法

Thumbnail of post image 021

所得税の計算をする場合、所得から所得控除を差し引いて計算します。

本人の基礎控除の他に配偶者控除や扶養控除があり、養う親族が多いほど所得税が少なくなります。

ところで、年の途中で配偶者や扶養親族が亡くなった場合 ...