会計処理,財務会計論(必須科目),財務諸表論(必須科目)

勘定科目の中に貸倒引当金というものがあります。

売掛金や受取手形などの売上債権について貸し倒れを見越して計上するものです。

貸し倒れの実績率あるいは法定貸倒率にもとづいて貸倒引当金を計算し、貸倒引当金繰入という ...

財務会計論(必須科目),財務諸表論(必須科目)

1,000万円の設備投資をして、それ以上、あるいは経費を含めて設備投資額の2~3倍の売上を獲得できなければ、事業として成り立ちません。

事業を継続していると、設備投資したものの、投資金額を回収できる見込みがつかなくなった、 ...

財務会計論(必須科目)

有価証券の評価方法原価法

原価法は、有価証券を取得原価で評価する方法で、その背景には有価証券を費用性資産ととらえる考え方があります。原価法で処理すると、有価証券を処分するまでは損益が確定しないので、未実現利益の計上を排除できるという利点 ...

財務会計論(必須科目)

貸借対照表に記載する現金及び預金の計算事例

決算精鋭前の勘定残高

現金   283,000千円
当座預金 不明
定期預金 600,000千円

1.現金実査による判

財務会計論(必須科目)

×7年4月1日~×8年3月31日における次のデータに基づき、現金過不足を雑益または雑損として処理してみます。

 

1.現金の決算整理前の帳簿残高は250,000千円

2.決算に当たり現金の ...