お役立ち!エクセルショートカット~コピー、切り取り、貼り付け~

Excel(エクセル)

エクセルで作業をする中で欠かせない「コピー」「切り取り」「貼り付け」。

この三つのショートカットを使って、作業効率を飛躍的に伸ばしていきましょう。

今回ご紹介するショートカットキー

Ctrl + C (Ctrl を押しながら C )

Ctrl + X (Ctrl を押しながら X )

Ctrl + V (Ctrl を押しながら V )

機能:上から順番にコピー、切り取り、貼り付け

エクセルを使う人で、このショートカットを知らない人は、時間を無駄にしていると断言できます。

コピーは、まず、対象を選んで「Ctrl+C」を押します。すると、コピー元が点線で囲まれます。

続いて、貼り付け先を選んで「Ctrl+V」を押すと、貼り付け完了です。

たったこれだけで、「コピー」、「貼り付け」の作業はおしまいです。

右クリックして、メニューを出して「コピー」、さらに貼り付け先で右クリックして、メニューを出して「貼り付け」という作業をしている人は、今すぐ見直してはいかがでしょうか?

同じく、「切り取り」と「貼り付け」の違いは「貼り付け元」にデータが残るか残らないかの違いです。

ところで、「貼り付け」するときに複数のセルに貼り付けることがあると思います。連続しているセルに貼り付ける場合は、特に問題ないでしょうが、貼り付け先があちこちにある場合は、何度も「Ctrl+V」の操作をするのはナンセンスです。

そういうときの貼り付け方法として、まず、貼り付け先のセルをCtrlを押しながらクリックしていきます。

続いて、「Enter」を押すわけです。すると、選択したすべてのセルに同時貼り付けが出来ます。

便利な方法なので、ぜひ実践してみてください。

それから、「Ctrl+Ait+V(形式を選択して貼り付け)」のショートカットを使って貼り付ける方法もあります。

これは、「Ctrl+V」でセルの内容を「すべて貼り付け」するのに対して、「形式を選択して貼り付け」のメニューを表示させるものですので、「値」だけ、「書式」だけなどを貼り付けたいときは、「Ctrl+Ait+V(形式を選択して貼り付け)」でメニューを表示させてください。

 

「コピー」「切り取り」「貼り付け」の三つのショートカットは、エクセルでは最も頻繁に使うと思います。

一回の操作では、たかだか2~3秒の作業時間短縮にしかならないでしょうが、「チリも積もれば山となる」ように、その時間短縮は図り知れません。

ぜひ、身に付けて業務効率化に役立ててください。

それから、「コピー」「切り取り」「貼り付け」のショートカットはWindows全般で使用できます。

 

押さえておきたいショートカットを一覧でまとめていますので、ぜひご覧ください。

【仕事効率化】エクセルのショートカット一覧

コメント