消費税法

売上が5,000万円以下の事業者は消費税の簡易課税制度が選択可能です。

簡易課税制度は、売上が少ない事業者に対して煩雑な事務負担の軽減を図るために設けられている制度です。

2019年10月から飲食料品に対して軽 ...

消費税法

消費税の原則計算は、売上の消費税から仕入の消費税を差し引いて計算されます。

ただし、売上高が5,000万円以下である事業者は消費税の計算に簡易課税制度を適用することができます。

簡易課税制度は、事業所に対する消 ...

消費税法

65歳以上高齢者の事故発生件数は、平成21年(2009年)が6,883件、平成30年(2018年)が5,860件です。一見、事故件数は減っているように思えますが、全体に占める高齢者の事故件数割合は12.2%から18.0%に上昇していま ...

消費税法

事業を行っている人にとって、避けては通れないのが税込経理と税抜経理のどちらを選択するかという問題です。

税込経理と税抜経理の違いは、売上、仕入、経費の支払いなどを税込金額あるいは税抜金額で処理するかの違いです。

消費税法

百貨店や小売店で発行している商品券。

会社では、取引先へのお礼やお中元やお歳暮の品として贈答したり、逆に受け取ったりするケースもあるでしょう。

プライベートでも、もらったりあげたりと身近で使われている商品券です ...