相続税法

生命保険に加入していると被保険者が死亡した場合、登録された保険金受取人に保険金が支払われます。

保険金受取人は夫婦であれば配偶者、子供に生命保険をかけていればその親というのが一般的です。

今回、保険金受取人が死 ...

会計処理,相続税法

有価証券は時価をもって貸借対照表あるいは相続税評価額としなければなりません。

上場株式は証券取引所の価格で評価しますが、取引所が営業日でない場合、取引価格がありません。

この場合の取引価格はどうなるのでしょうか ...

所得税法,相続税法

突然、元気だった人の訃報を聞くことがあります。

サラリーマンであれば、日割計算で最後の給料が計算されたりしますが、会社役員の給与も同じように計算されるのでしょうが?

それに、役員であれば法人税法上では定期同額給 ...

所得税法,相続税法

医師会などから福祉共済制度にもとづいて福祉共済金(死亡共済金)が支給されるケースがあります。

福祉共済金が生命保険金ということであれば相続財産とみなされます。

生命保険金はみなし相続財産とされ、「500万円×相 ...

相続税法

相続税の申告に際して、事業を営んでいた場合に所有していた一般動産や構築物などは帳簿価額によらず相続税評価額として再評価しなければなりません。

また、取引相場のない株式についても一般動産などの資産の再評価が必要です。 ...